以前勤めていた職場は労働組合がしっかりしていて非正規での雇い止め3年を廃止して継続可能というのを勝ち取りました。しかし3年雇い止め廃止とうのはちょうど私が3年目の時で初めての事例ということだったのか私個人にははっきりと示されることはありませんでした。

 

面接のようなものはあり、来年度はどうするかという質問はされましたが、私自身は継続して働ければという意思は伝えました。しかし、その面接以降、継続可能であるようなことは示されることはありませんでした。私はこのままだと継続されない可能性があるということで仕事を探していたところ同じ会社の他部署での募集があったので応募しました。

 

もちろん履歴書で現職のことはわかります。面接官に現在の職場での継続はないのですかと聞かれました。おそらく継続できるはずなのになぜ、他の部署の面接を受けているのかと不思議に思われたのだと思います。私は継続していただければいいのですが、継続できるといわれなかったので新しく仕事を探してこの面接を受けましたと答えました。

 

私がそのように答えたものの、おそらく現職を継続されれば採用を辞退される可能性があるということで新しく受けたところは不採用でした。その後、結局現職も私は3年で解雇されましたが、私が他部署での面接を受けたことで発覚し労働組合の方で大問題になったようですが、私の解雇は変わりませんでした。労務に強い弁護士に相談すべきでした。